転職コラム記事一覧

 転職は人生の中でも大きな転機となります。その転職を境にこれまでの仕事以上に成果を出してやろうと張り切って新たな仕事に臨むことも多いのではないでしょうか。ただ、転職先での最初の働き方には2通りのポイントがあります。これは転職する際の立場(ポジション)によって分かれるところです。 まず、あなたが一般のスタッフとして転職するのであれば、その意気込みをさらに高めて最初の2週間を集中して普段の倍以上の力を...
 以前、中国で暮らす友人からこんな話を聞いたことがあります。中国では日本よりも転職に対する抵抗がとても小さく、むしろどんどん転職していく人は優秀だという見方まであるようです。転職することによっていろんな技能を身に着けることができるからというのがその理由です。確かに一理あるなと感心しました。 また中国で転職が良いものとみられているもう一つの理由は、皆が転職をステップアップの手段と見ているからだそうで...
 私は昨年の12月31日に会社を退職し、有給休暇取得中を含め2か月間ぐらいで次の転職先が決まりました。退職が決まってから、大手の転職サイトとハローワークに登録し、転職先を探し応募しました。ハローワークにも週3日は通い、必死で転職活動を行いました。その結果2月の頭に転職先が決まり、3月からそちらで働くことになっています。この2か月間の応募総数は10社になり、面接までたどり着けたのは6社でした。そして...
 一般的に、転職は難しいとかよく言われますし、安易な就職や転職は避けたいと思います。でも、前向きに、自分のしたい仕事が見え始め、前向きに挑戦したいと思う時やチャレンジするタイミングが来た時は、転職してもっとキャリアアップすることもプラスになっていくと思います。 転職するために、必要なことはたくさんあると思いますが、なぜ転職したいのか、何をしたいのかなど自己分析し、明確に目的意識を持っていると、相手...
 これから転職したいと考えている方は、なぜ転職を希望するのかもう一度見直してみましょう。なんとなく今の会社が自分には合わない気がするから。給料に不満があるから。人間関係があまりうまくいっていない。これらは転職理由としてよく取り上げられますが、転職の動機としては実に曖昧です。 もし、あなたが次の転職で再び会社に不満を抱き、馴染まないようであれば、もう一度転職することになるでしょう。しかし、おそらく同...
 転職は現在ではそう珍しいことではなくなってきています。しかし企業側は転職する側のわたしたちのようにそんなに簡単に流してはくれません。書類選考でなんとかうまくいって面談に挑むことが出来たとしても、喜んでばかりもいられないのです。 求人を出す企業側はその転職がどんな理由があってされるものなのか、をとても気にしていることは心に留めておくべきでしょう。 その証拠として面接をする際には必ず企業側はあなたに...

このページの先頭へ戻る