転職は現在ではそう珍しいことではなくなってきています。しかし企業側は転職する側のわたしたちのようにそんなに簡単に流してはくれません。書類選考でなんとかうまくいって面談に挑むことが出来たとしても、喜んでばかりもいられないのです。

 

 求人を出す企業側はその転職がどんな理由があってされるものなのか、をとても気にしていることは心に留めておくべきでしょう。

 

 その証拠として面接をする際には必ず企業側はあなたに「なぜ前の職場を辞めたのか」を質問してきます。これはただ単に転職をする理由だけをきいているわけではありません。企業側がこの質問をする際に求めていることはもっと深いものがあります。

 

 あなたが新しい職場で仕事に取り組む際に問題が起こってしまった場合、「辞めようかな」「転職しようかな」と考えてしまうかもしれません。まさにその時にとる行動、その考え方を知りたいと思っているから出る質問なのです。

 

 よりよい職場を求めて転職は誰でもするものですが、仕事の問題、また人間関係で問題はゼロのわけは当然ながらありません。あなたがそんな時にすぐ問題を放置して職場を変えるような人間なのか、そうではなくきちんと問題に取り組める人間なのか、それを面談で伝えることができるようになるべきなのです。

 

【おすすめ情報】
40歳から始める転職探し|天職ガイド
40歳の転職を有利にする為の情報を知りたい方はこちらから!

 

 前の職場ではどうして辞めたかは問題から逃げたのではないと言えるようになりましょう。面談ではやはりどうしても緊張してしまって言葉がしどろもどろになってしまいますから、ノートなどで自分の問題の取り組み方をしてきたかを書いておくと安心です。それだけで面談に挑む時の心持が違ってくるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る